読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとがき

 名前なんて要らない。僕が誰かなんてどうでもいい。ただの人間だった。
 たったの12日間ではあったが、1人で北海道を一周して思ったこと。当たり前だけど、人生で初めて行く北海道に僕のことを知ってる人なんかまずいなくて、それでも、いつもより人と話したような気がする12日間だった。コンビニの店員から、道の駅のおじいちゃん、スーパーのおばちゃんから、地元のライダー、ひとり旅の人や、居酒屋のお姉さん、ライダーハウスで出会ったみんな。両手両足では足りないくらい色んな人とたくさん話をした。その中でお互いの名前を知っている人は片手とすこし。でもすごく楽しかった。時には友達にも喋らないようなことも話した。僕がどんな人で、人と何が違くて、何を気にしてるかなんて、まるで関係なかった。生きていて、こうして偶然ここで出会ったから、僕たちは話している。経緯はそれぞれあるにしても、この瞬間、この場所に重なったから一緒にいる。それだけだった。そこには僕がずっと気にしていることなんて欠片も存在しないのだ。

 天気のいい昼すぎ、一人で走っている時、ふっと思い出す。忘れていた。あんなに、ずっと、ところ構わず僕を苦しめていたはずのもの。「だからどうした」とでも言うように、空は広く、時に海は穏やかで、時に山は大きく、どこまでも道は遠く続いていた。ああ、何でもないんだ。自由でいいんだ。僕はそもそも何者でもなかったのだと、大空と、広い大地が、教えてくれていた。
 気にしないことは無理だろう。色んなことに負い目を感じて生きていくのも確かだろう。でも僕は、それ以前にこんなにもでかい世界の中に立たされているだけの、たった一人の人間だった。それだけは何も変わらないのだ。

 どうにも分からなくなったら、深呼吸して、あの大きな世界を思い出そう。青い空に呑まれるように、透きとおる海に沈むように、ゆたかな山々に包まれるように!そして僕はまた、気が付くのだろう。たとえ全てが自分の力でなくっても、この世界に、ちゃんとまだ、立ってるってことに!